補強土(テールアルメ)壁工法設計計算ソフト「TA-Win」

システムの特徴

適用基準

(財)土木研究センター:補強土(テールアルメ)壁工法 設計・施工マニュアル 第3回改訂版(平成15年11月)に準拠

検討範囲
  1. 内的安定検討:補強材の破断,引抜きの検討
  2. 外的安定検討:滑動・転倒・支持力の検討
内的安定検討
  1. ストリップの破断検討により水平間隔を自動的に決定します。また,設計者の判断でその値を変更することもできます。
  2. ストリップの引抜け検討では,所要ストリップ長さを自動的に算出します。
  3. 10種類までのストリップを登録することにより,異なる寸法,許容応力度のストリップを使用することができます。
  4. コンクリートスキンのストリップ配置図を表示させることもできます。
外的安定検討
  1. 試行くさび法による補強領域背面に作用する土圧計算では,粘着力cも考慮できます。 また,仮想擁壁背面の勾配,壁面摩擦角を設定することができます。
  2. 支持力検討では,全幅と壁面直下の基礎地盤定数を別個に設定することができます。 また,支持力係数を自動計算することもできます。
水辺補強土壁の検討
  1. 盛土内に残留水位がある場合も対応可能です。
  2. 水位線より下には砕石を,水位線より上には現地発生土を使用する場合(設計条件が異なる盛土材を数種類使用する場合)も対応可能です。
  3. 水位線より下の部材腐食代と,水位線より上の部材腐食代が異なる場合も対応可能です。
補強土橋台の検討
  1. 補強土壁の上に橋梁の桁受架台が設置される場合も検討可能です。
入出力機能
  1. 入力データは利用者ファイルに保管し,再利用できます。
  2. 計算結果はA4サイズの設計計算書としてMS−Wordのファイルに保存します。したがって,設計者がコメントを追加することも可能です。

システムの適用範囲

動作環境

下記ソフトウェアが正常に動作しており、USBポートのあるコンピュータ

入力例

出力例

サンプルデータ

MS-WORD形式に出力したサンプルデータがダウンロードできます。

注) 実際に出力されるのはWORD形式で編集も可能です。PDF出力機能はございません。

販売価格

補強土(テールアルメ)壁工法『TA−Win』:195,000円(消費税別) 販売終了

開発・販売元

株式会社 補強土エンジニアリング

ご発注・お問合せ

お電話、FAXでもご注文・お問合せお待ちしております。
TEL: 06−6536−6711 FAX: 06−6536−6713
ホームページを見たと一言お伝えください。

ソフト種別 TA-Win  MA-Win  Reft  その他 必須
件名 購入  お問合せ 必須
会社名 必須
部署名
ご担当者名 必須
所在地 (例:550-0005)
必須
(例:大阪府大阪市西区西本町1-6-6カーニープレイス西本町ビル6F)
メールアドレス 必須
TEL 必須
FAX 必須
通信事項
アンケート 弊社をお知りになったきっかけを教えてください 必須
検索サイト 紹介 弊社営業マン 以前から知っていた

 

 

お問合せ先(担当)

他にも補強土壁,軽量盛土,切土補強土のソフトウェア開発など
あらゆるご提案ができます。

条件により別途お見積もりさせていただきますので是非お問合せください。

TEL: 06-6536-6711 / FAX: 06-6536-6713 技術室宛

Dr.小川の相談窓口

技術資料無料配布


「補強土壁・軽量盛土工法技術資料ファイル」無料配布中!
技術資料と会社案内を1冊のファイルにまとめ,お手元に置いて頂きやすいようにしました。H29年9月会社案内カタログ刷新!きっと業務のお役に立つと思います。

会社案内

お問合せ/資料請求

業務内容

活動報告

技術情報

その他

1775501

補強土エンジニアリング > 業務内容 > 補強土壁工法ソフト作成業務 > テールアルメ工法設計計算ソフト「TA-Win」