地盤技術設計業務

当社では軟弱地盤技術解析,及びFEM解析をもとに工法選定・図面作成・数量計算まで一連で設計を行います。設計のご依頼を心からお待ちしております。

REECOM の地盤技術設計業務の特徴

  • 設計業務等標準積算基準書の軟弱地盤技術解析業務を一連で対応が可能です。
    • 解析計画
    • 現況・対策後解析(地盤(すべり)破壊,地盤変形,地盤圧密,地盤液状化)
    • 検討対策工法選定(1次選定)
    • 最適工法の決定(2次選定)
     に対応した設計が可能です。さらに、対策工図面・数量計算書作成も対応します。
  • 数値解析
    • 有限要素法解析(FEM)
    • 液状化残留変形解析(ALiD)
    • 地震時変形解析(ニューマーク法)
    • 浸透流解析
     にも対応します。
  • 補強土壁、補強盛土、軽量盛土だけではなく、多くの構造物下の基礎対策設計を実施します。
     【対象上部構造】
    • 土構造物(補強土壁, 補強盛土, 軽量盛土, 盛土(道路・河川,ため池堤防),造成盛土)
    • コンクリート構造物・鋼構造物(コンクリート擁壁、樋門・樋管、函渠)等
  • 対策工
    • 固結工(主に浅層・中層・深層混合処理工※(機械攪拌・高圧噴射))
    • 置換工、バーチカルドレーン、サンドコンパクションパイル、ジオテキスタイル等
     ※ALICC工法(低改良率セメントコラム工法)、
     ※TOFT工法 (格子状改良(液状化対策))も実績が多数あります。
  • 所有ソフト
     富士通FIP:
    • DECALTO(圧密)
    • COSTANA(すべり(修正フェレニウス)・変位(・ニューマーク))
    • LIQUEUR(液状化)
    • AFIMEX-GT(ALiD:液状化時のFEM)
     PLAXIS社:PLAXIS 2D(FEM)(補強土壁、ジオテキスタイル、盛土、基礎地盤)
     FORAM8:地盤改良の設計計算(改良体安定)
  • 設計照査も実施します。

 

地盤技術・軟弱地盤対策工法設計業務

軟弱地盤上に構築する土構造物の基礎(浅層・中層・深層混合処理工法)の設計が行えるように準備しております。

補強土壁・軽量盛土工法の設計でも活用されています。

●各種解析  ● 比較検討  ● 断面検討  ● 詳細設計  ● 照査業務 

すべり安定対策,圧密沈下対策(バーチカルドレーン+固結工)

・圧密沈下計算(e-log p法,Cc法,Mv法)

 

・圧密後の強度増加を考慮した円弧すべり解析

 

圧密沈下対策(固結工)

・浅層板+(低改良率)深層混合処理工の改良仕様の検討

図1.標準横断図(L型擁壁・道路中央直下の改良)
図1.標準横断図(L型擁壁・道路中央直下の改良)
図2.杭配置詳細図
図2.杭配置詳細図
図3.計画平面図
図3.計画平面図

 

  
「小野田ケミコ(株)様よりご提供」

 

液状化対策(締固め工法)

・液状化判定

表1. 液状化判定(道路橋示方書より):現況
表1. 液状化判定(道路橋示方書より):現況

・サンドコンパクションパイル工法改良仕様の検討


「(株)不動テトラ様よりご提供」
表2.  サンドコンパクションパイル工法による改良後のN値の算定
表2. サンドコンパクションパイル工法による改良後のN値の算定
 
図1. サンドコンパクションパイル+サンドドレーン工法断面(河川堤防下)
図1. サンドコンパクションパイル+サンドドレーン工法断面(河川堤防下)

 

液状化対策(固結工法)

・改良体の安定検討

図1. 解析断面図
図1. 解析断面図

 

図2.標準横断図(施工重機姿図含む)
図2.標準横断図(施工重機姿図含む) 
図3.計画平面図
図3.計画平面図

 

 

CIM (Construction Information Modeling)

弊社設計構造物に対して図面の3Dモデル作成が行えるように準備しております。

 

 

見積もり・業務依頼・お問合せ

当社では地盤技術業務において,現況解析~比較検討~詳細設計に加えて照査業務 を業務として承っております。

 

お問合せ

メールフォーム

必須種別
必須会社名
部署名
役職名
必須ご担当者名
 (姓)  (名)
必須フリガナ
(セイ) (メイ)
必須ご住所
(例:5500005)
 
 (例:大阪府大阪市西区西本町1-6-6カーニープレイス西本町ビル6F)
必須メールアドレス

必須電話番号
FAX番号
お問合せ内容
工法名   種別
アンケート
必須Q1.設計ではどのような実務を担当されていますか?

必須Q2.弊社をお知りになったきっかけを教えてください。

必須Q3.補強土壁の設計業務の頻度はどの程度ですか?
Q4.補強土壁設計において何が一番知りたいですか?
必須Q5.弊社の支援業務で軽量盛土,斜面補強,地盤技術業務があるのをご存知でしょうか?

コメント
必須Q6.ご依頼主様の年代を教えてください。
Q7.よろしければお客様のご意見・ご感想をお聞かせください。
ご請求いただく資料の用途,こんな資料があればなどの要望,ホームページの印象など,どんなことでも結構です。
カレッジREECOMへの同時入会(無料)

カレッジREECOMとは
  共に補強土について学びませんか?
定期的に情報をお届けいたします。
<ご入会特典>
・「REECOMテキスト」とを定期的に無料送付
・ 会員ページでバックナンバーの閲覧

 

 

 

 

お問合せ先(担当)

他にも補強土壁,軽量盛土,切土補強土のあらゆるご提案ができます。

検討条件により別途お見積もりさせていただきますので是非お問合せください。

TEL: 06-6536-6711 / FAX: 06-6536-6713 設計部宛

Dr.小川の相談窓口

技術資料無料配布


「補強土壁・軽量盛土工法技術資料ファイル」無料配布中!
技術資料と会社案内を1冊のファイルにまとめ,お手元に置いて頂きやすいようにしました。H31年2月会社案内カタログ刷新!きっと業務のお役に立つと思います。

書籍のご案内

会社案内

お問合せ/資料請求

業務内容

活動報告

技術情報

その他

2598541

補強土エンジニアリング > 業務内容 > 地盤技術・軟弱地盤対策工法設計業務